フィギュアスケート、日本男子史上初のメダル獲得!

バンクーバーオリンピック、男子フィギュアスケートで日本人男子として初の銅メダルを、高橋大輔選手が獲得しました。高橋選手はショートプログラムで3位の好位置につけ、フリーのスケーティングでは4回転ジャンプにも挑戦。アメリカのライサチェク選手、ロシアのプルシェンコ選手には一歩及びませんでしたが、日本人の男子選手として初のメダル獲得という快挙を成し遂げました。
また織田信成選手は初めてのオリンピック出場ながら、7位入賞。20歳での初挑戦となった小塚崇彦選手も8位入賞となり、日本人選手の強さを見せる結果となりました。

▼男子フィギュアスケート関連Q&A

★質問者が選んだベストアンサー
ステップは、難しいんですよね…。
レベルがどうとかいう話になってしまうと、素人にはどこが悪くてレベルが取れなかったかまず語れないのではないかと思います。…
★回答NO.1
パトリック選手は技術点で「トリプル・ルッツ」で-1.80、「トリプル・アクセル」で-4.20の減点がありますがそれ以外は全て加点されています。小塚選手は「4回転トーループ」で-1.40、「トリプル・アクセル」で-4.20、「トリプル・ループ」で-1.20の減点がありますが…
★質問者が選んだベストアンサー
4Tの基礎点が9.80です。
まず、4回転を失敗するとどれくらい減点されるかというと。
・回転不足で転倒…基礎点は3Tの4.00に、GOEで−3.00それに加え…
★回答NO.2
高橋選手と比較しますと、
プルシェンコ選手はExecuted Elements(技術点)の基礎点が44.10
GOE(出来栄えによる評価)が7.00で合計で51.10
Factored Program Components(芸術点)は39.75高橋選手は…

銅メダル獲得の高橋選手、そして見事入賞を果たした織田選手、小塚選手、本当におめでとうございます!

関連するブログ記事:

フィギュアスケート、日本男子史上初のメダル獲得!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 星を枕に月を見る

コメントは停止中です。