太陽の塔、40年ぶりに目が点灯!

1970年の大阪万博に合わせて作られた岡本太郎さん作のモニュメント「太陽の塔」。ユーモラスな立ち姿、独特の風貌は多くの人を惹きつけてやみません。
そんな太陽の塔の目が、万博開催40周年を記念し3月27により40年ぶりに点灯することが決まりました。万博を経験した人には懐かしく、目の点灯を初めて見る世代には新鮮に映るのではないでしょうか。40年たった今年、ますます人々の注目を集めそうです。

▼太陽の塔関連Q&A

★質問者が選んだベストアンサー
近くで泊まれる施設というと「ホテル阪急エキスポパーク」しか思いつきません。実際に泊まったことはないのでわかりませんが、万博公園の南側にありますし…

★質問者が選んだベストアンサー
どの程度、太陽の塔をご覧になりたいですか?「公園に入らなくても車を止めて見られるスポット」とありますが、公園の外からだと…

★質問者が選んだベストアンサー
昔から結構好きで、自分的には大阪のシンボルは通天閣より太陽の塔です。思い付くままあげてみます…

関連するブログ記事: