南米チリの大地震による津波、日本にも到達

日本時間27日に、南米チリで発生したマグニチュード8.8の巨大地震の影響による津波が、28日日本の太平洋側の各県にも到達しました。

現在では順次警報・注意報が解除されていっており、人的被害の情報も入っていないとのことですが、1960年のチリ地震津波を経験された世代の人々の多くは、依然不安を抱えながら過ごしているとのことです。

▼津波関連Q&A

★回答No.1
津波の様に、波長の長い水面波の速度は、海の深さが深い程速くなります。(海底の水深の平方根に比例します)

波の速度=√(重力加速度×深度)…


★回答No.2


船にとって、津波が恐ろしいのは、港や陸地の近くに居るときなのです。
洋上に居るならば、それほど大変ではないのです。
台風等の悪天候の際、その波高は10mを遥かに超えます…

★質問者が選んだベストアンサー

海で発生する津波は1000m以上の深い海で地震時に海底が隆起や陥没するときに発生します。例えば10cm海底が隆起したと仮定しその上にある海面が10cm上昇したと仮定します。たかが10cmと思われるかも知れませんね!…

関連するブログ記事: