そろそろやってくる?黄砂対策Q&A特集!

この季節、花粉と合わせて心配なのが、大陸からやってくる黄砂です。日本における「黄砂」とは、大陸性の土壌粒子によって視程が10km以下になる現象のこと、と定義されているそうです。近年は観測される日数も増えてきており、健康被害に関する報告も年々増えています。
そんな黄砂に関するちょっとした疑問や、気になる健康被害について、OKWaveに寄せられたQ&Aからピックアップしてみました!

▼黄砂関連Q&A

★質問者が選んだベストアンサー


中国から日本に飛来する黄砂の量は1年間に300万トンと云われています、大変な量ですね!
車や洗濯物が黄色くなる場合が多いので、それぞれ対策を講じましょう!洗…

★質問者が選んだベストアンサー


>肺がんになったりしないのでしょうか
肺ガンになるのは、繊維状のアスベストを長期間吸った場合です。

黄砂は砂の粒子なので、肺ガンにはならないと思いますが、砂の粒子でよく…


★質問者が選んだベストアンサー


詳しい天気予報では言っていたと思いますが…
gooやYahooのトップページのニュースにも出てましたし、一般のニュースでも言っていました。
気象庁のHPにも、黄砂情報専用のページがあります。…

★質問者が選んだベストアンサー


黄砂は非常に細かい砂の粒で重みがあります。
花粉は植物の雄しべで種類によって細かさはは色々ですが、かなり軽い物です。
軽く息を吹きかければ、花粉はすぐに舞い上がります。…

関連するブログ記事: