北野武監督、仏最高勲章を受章

昨日(9日)、北野武監督(63)がフランス政府から、芸術勲章の最高章コマンドール章を授与されました。

フランスの勲章は全部で5等級に分かれており、今回北野監督が受章した「コマンドール章」は、司令官という意味を持った最高位の章です。これまでに コマンドール章を受章した日本人は建築家の丹下健三さんと作家の大江健三郎さんの2人で、北野監督で3人目の受章となりました。

今回の受章を受け北野監督は、「本当に夢のようだ」と受章の喜んでいるそうです。

▼「北野武」関連のQ&A

★質問者が選んだベストアンサー

私も北野武の作品はよく分かっていません。、がハリウッド映画の多くや、踊る~は娯楽映画であり北野作品と比較してもしょうがないのではないと思います。全てとは思いませんが芸術性、メッセージ色の濃い作品であり娯楽作品


★質問者が選んだベストアンサー


>具体的にどんな部分で「映画を変えた」のでしょうか?
一言で言うと「見せ方」でしょうか。
それはリアルな暴力やタップダンスといった、表面上の派手な斬新さだけを

★質問者が選んだベストアンサー


ラ・サール石井さんが最近お笑いに関する本を出しました。
その中で、ビートたけしがなぜ10年間トップを走り続けてこれたのか、という内容の一節がありました。…

関連するブログ記事: