井上ひさしさん、肺がんで死去

今月9日午後10時22分、作家の井上ひさしさんが、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で亡くなりました(75歳)。
井上さんの遺志で、葬儀は近親者のみで行う予定とのことです。

▼「井上ひさし」関連のQ&A

■井上ひさしの小説

井上ひさし著の「あくる朝の蝉」という小説を読みたくて探していつのですが、ジュンク堂など大手のHPにて検索しても、浅田次郎選の「人恋しい雨の夜に」という短編集(?)しか出てきません。…

[全文はこちら]

■むずかしいことをやさしく


永六輔氏の著書「大往生」の最初のページになかに、井上ひさしさんの言葉として
”むずかしいことをやさしく、やさしいことをおもく、おもしろいことをおもしろく”
というフレーズが紹介さています。…
この出典を知りたいとのですが、ご存知の方いませんか。

[全文はこちら]

■井上ひさしさんの小説/宮城弁・仙台弁について


井上ひさしさんの小説には宮城弁・仙台弁が使われているものがある、
という事をネットで見て、読んでみたいと思うのですが、
氏の著書の中で宮城弁・仙台弁が多く使われている作品を教えて下さい。…

[全文はこちら]

関連するブログ記事: