宮崎県の牛3頭が口蹄疫に感染の疑い

20日、農林水産省と宮崎県は、県内の肉用和牛繁殖農家の母牛3頭が家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いが強いと発表しました。
口蹄疫であると確認されれば、発症は国内では10年ぶりとなるそうです。

▼「動物・伝染病」関連Q&A特集

―――――――――――――――――――――――――――――――-

■手足口病が流行しているようですが。。。

最近、九州地方で手足口病が流行しているようですが、どのような病気ですか?どんなことに気をつければよいのでしょうか?もしわかれば教えて下さい。宜しくお願いします。

[全文はこちら]


―――――――――――――――――――――――――――――――-

■「アフタ熱」とは何ですか?

ヨーロッパのニュースを見ると「アフタ熱」という家畜の伝染病が大問題になっているようなのですが、「家畜を消却した」とか「ここでも見つかった」とか「飼育業者が困っている」といったニュースばかりで、この病気の正体がわかりません。

[全文はこちら]


―――――――――――――――――――――――――――――――-

■狂犬病ワクチン:何故犬にだけ?

昨今狂犬病が話題になってますね。
日本では犬への狂犬病ワクチンの接種が義務付けられてますが、
狂犬病は全ての哺乳類に感染可能なので、「犬にだけ」
ワクチン接種しても、感染予防としてはあまり意味を…(続く)

[全文はこちら]

関連するブログ記事: