広がる被害…口蹄疫問題

宮崎県で発生した家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の拡大問題。大量の家畜の殺処分や消毒活動の難航、医師不足など、様々な問題が出てきています。

そんな中OKWaveには、人間への感染や自分のペットへの感染を心配する質問、感染が拡大し続ける原因に関する質問が、数多く寄せられています。

▼「口蹄疫」関連のQ&A
――――――――――――――――――――――――――――――――

■口蹄疫って人間には感染しないと言ってるけど…

口蹄疫って人間には感染しないと言ってるけど菌が人間の体に入っても発症しないから大丈夫ってこと?

[回答はこちら]

――――――――――――――――――――――――――――――――

■毎日、口蹄疫のニュースでいっぱいですが、

ふと思った事ですみません。あのウイルスは、家畜のみの伝染病なのですか?ペット(鳥・犬・猫)などには どうなんでしょう?無知で本当にすみません。

[回答はこちら]

――――――――――――――――――――――――――――――――

■宮崎県の口蹄疫があまりにも拡大しすぎる謎

宮崎県で口蹄疫の牛が発見されたのが、4月20日頃。
潜伏期間は「平均3-6日で、最大10日ぐらいまで」ということを考慮すると
すぐに防疫対策が取られていれば、20日もあれば終息する筈。
それが発生から28日経った現在でも被害は広がる一方。
完成施設は110箇所以上、処分対象家畜は8万数千頭という空前絶後の数字に達しています。…(続く)


[全文・回答はこちら]

――――――――――――――――――――――――――――――――

関連するブログ記事: