京極夏彦さんの新刊、iPadで発売

15日に講談社から刊行された、京極夏彦さんの新作ミステリー小説「死ねばいいのに」が、28日から日本で発売開始となる多機能携帯端末「iPad」上で読むことが出来る「電子書籍」として発売されるとの発表がありました。
こちらの「死ねばいいのに」、書籍版は税別1700円ですが、iPad版に関しては発売開始2週間の間が特別価格700円、その後は900円での販売となるそうです。通常の書籍に比べ安い理由には、印刷費や運送費等、書籍を作ってから店舗で発売するまでにかかる費用が必要ないため、とのことです。

▼「京極夏彦・iPad」関連のQ&A
――――――――――――――――――――――――――――――――

■IPadは本を読むのに最適なツールなのでしょうか?

電子書籍に興味を持っています。
以前、子供に英語の絵本を買ってあげました。
とてもキレイで気にいっているのですが、
いかんせん私が英語がサッパリなので
読んであげることができません。
TVやDVDでも絵本はあるのですが、今一つピンと来なくて、
試してはみたもののイマイチかなあと思っています。そんなおり、…(続く)


[全文・回答はこちら]

――――――――――――――――――――――――――――――――

■京極夏彦さんの京極堂シリーズに詳しい方に質問です。

京極堂シリーズについてお伺いします。
例えば、以下の文はあるサイトのコピペなのですが、文庫版 狂骨の夢 2000 講談社文庫 大長篇シリーズ第三弾。
ノベルス版に400枚の追加・・・さらに読み応えあり!
とあります。
これは、講談社ノベルズシリーズが最初に出て、それに加筆修正を加えたものが講談社文庫から出ていると言う事なんですか?…(続く)


[全文・回答はこちら]

――――――――――――――――――――――――――――――――

■京極夏彦の謎

長年、不思議に思っていた事を質問します。
雑誌「ダ・ウ゛ィンチ」1996年3月号で、作家の京極夏彦氏がその年の年頭の10日間に読んだという10冊の本を紹介していたのですが、その中に「古事類苑 神祇部四」とか、「続群書類従 第二十六輯下 釈家部三」などという本も入っているのを見て大変驚きました。こんな百科事典のような本を一日で読んでしまうことが本当に出来るのでしょうか。…(続く)


[全文・回答はこちら]

――――――――――――――――――――――――――――――――

■京極夏彦の「どすこい」の元ネタ

京極夏彦さん著の「どすこい」にはいろいろな作品のパロディが含まれていると聞いたのですが、元ネタになった作品にはどんなものがあるのでしょうか?
知っている方がいたら教えてください。


[回答はこちら]

――――――――――――――――――――――――――――――――

関連するブログ記事:

京極夏彦さんの新刊、iPadで発売」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: kikutomo notes

コメントは停止中です。