ネット選挙解禁法案決定、今国会での成立視野に

与野党は26日午後、夏に行われる参議院議員選挙から、選挙期間中の候補者本人と政党によるホームページ・ブログの更新を解禁すると最終合意しました(ツイッターやメールは解禁対象から除く)。今回の「解禁」は地方選も対象となるそうで、今国会中に全会一致での公職選挙法改正案成立を目指すとのことです。

このネット選挙活動について、関連するQ&AをOKWave内で探してみたところ、昨年末のご投稿ですが、こんな質問を見つけました。

Q. 日本にネット選挙は定着するか?

ベストアンサーの回答者さんが答えているうち、今回解禁されることになったのは、1の『候補者がインターネットを通じて「選挙活動」を行う』の部分。回答内で挙げられているように、インターネット上での選挙活動解禁には様々なメリットとデメリットがあるようです。

――――――――――――――――――――――――――――――――
関連Q&A
Q.次の参院選選挙で過半数取れるのはどの政党だと思いますか。


Q.選挙で投票するとき、なにを指針としていますか?

関連ブログ記事

・公職選挙法を改正、インターネットで選挙活動が可能に!?