「ただの知り合い」と「友達」の境界線は…?

みなさん、「ただの知り合い」と「友達」の境界線ってありますか?

OKWaveに投稿された『「ただの知り合い」と「友達」の境界線は…?』という質問が今注目を集めています。

日々の生活でたくさんの人と出会いまですが、「知り合い」と「友人」の境目はどこでしょうか?
回答者の方からは

  • 最近は知り合いと友人は、同じ意味で使っている人が多い気がしますね。
  • また会いたいと思える人。また会って遊びたい。話したい。何かを共有したいと思える人。
  • 「友達」は、一緒に喫茶店に行ったり飲みに行ったり「行動を共にしよう」と思う人です。
  • 面倒ごとがあった時に力になってあげたいと思ったら友人です
  • その人のことを人間として好きになったときです。
など、たくさんの回答が寄せられました。

自分は「友達」とおもっていても相手は「ただの知り合い」としか思っていなかった・・・なんてことにならないように「ただの知り合い」と「友達」の境界線、知っておきたいですね!

————————————————————-
Q,「ただの知り合い」と「友達」の境界線は…?

大学生です。
気軽に一緒に食事をしたり、休日に一緒に出かけたりできる友人がほしいです。
でも私には「ただの知り合い」が「友達」になる瞬間がよく分かりません。
周りの人とは、普通に会話はできます。でも一緒に行動することはありません。
ある人に誘われて食事をしたとしても、私の中でその人は「一緒に食事をしたことがあるただの知り合い」であり続けるのです。
恋人という関係なら、告白をして、OKを出す、という一種の契約のようなものがあるので、「この人は私の恋人なんだ」と確信が持てます。
しかし友人関係の場合は、「友達になってください」と言って「いいですよ」と返事をもらったとしても、気が合わないのに契約上友達である、というような関係はありえないと思います。
皆さんが「ただの知り合い」を「友達」と思える瞬間はいつですか? 教えてください。
————————————————————-