阪神・淡路大震災から16年

1995年1月17日に発生した震度7の大型地震、阪神・淡路大震災から16年が経ちました。神戸市民の4割が震災を知らない世代になるなど、当時の記憶が薄れつつありますが、被災地ではこの日の出来事を語り継ごうと、黙とうを行うなど鎮魂のセレモニーが行われています。

▼関連Q&A
Q.震災以降、建物の耐震性には教訓が活かされているの?
阪神大震災では、安全であると言われていた新耐震設計法による設計の建物でも多くの被害が出ました。その後、建築されている建物にはこの教訓は生かされているのでしょうか?…[続きを読む]

Q.震災時、受験はどうなったのでしょうか?
阪神大震災の時って、どうだったのでしょうか?特にセンター試験や中学の入試は、地震とほぼ同時期だったのではないかと思います。…[続きを読む]

Q.震災時、屋外にいた場合の対応
「ガラスが降ってくるので、ビルから離れたほうがよい」ということなのですが、都心ですとビルが林立しているので、ガラスが降らないぐらいビルから離れることは不可能だと思われます。そうするとむしろビルの中に逃げ込んだほうがよい…[続きを読む]

Q.阪神大震災、忘れてはいけないものとは?
今朝のニュースでキャスターが「あの悲惨な出来事を忘れてはならない」と言っているのを聞いて「そうだな…」と思ったのですが、そう思った自分に抵抗を感じました。その気持ちをうまく説明できない…[続きを読む]

街に震災時の面影はなくなりましたが、この日のことは忘れずに振り返りたいものです。

関連するブログ記事: