「お疲れ様」 と 「ご苦労様」の使い方って?

日本語使い方、みなさん完璧でしょうか?
敬語や謙譲語、丁寧語など日本語の言葉遣いはとても複雑ですよね。もうすぐ新社会人の方はもちろん、入社数年目でも言葉遣いに不安のある方からの質問が多く投稿されています。

本日は、そんな「言葉遣い」に関するQ&Aの紹介です。

質問
「お疲れ様」 と 「ご苦労様」

上司や先輩社員が退勤するときには「お疲れ様」と言うのが礼儀だと聞きましたが、これは本当のことでしょうか。
もしそうなら、なぜ「ご苦労様」ではいけないのですか?

回答
No.3 です。

> 私は金田一秀穂さんという方を知らないのですが

金田一京助、金田一春彦と続く国語学者の一家の一人です。最近よくテレビにも出演していますね。

「ご苦労様」は相手の苦労をねぎらう言葉、「お疲れ様」は相手が疲れたことをねぎらう言葉であり、これを国語学的にどんなに分析しても、「ご苦労様」は目上から目下、「お疲れ様」は目下から目上という結論は出てこないと思います。

従って質問者さんの最初の質問

> 上司や先輩社員が退勤するときには「お疲れ様」と言うのが礼儀だと聞きましたが、これは本当のことでしょうか。

に対する回答は…[全文を読む]

「お疲れ様」 と 「ご苦労様」全文を読む

他にも、

改めて言葉遣いについて勉強してみると、意外と間違って使っていた敬語もたくさんありそうですね。みなさんもOKWaveのQ&Aから新しい発見をしてみてください!

関連するブログ記事: