なぜACのテレビCMが急増?

社団法人ACジャパン(旧:公共広告機構)のCMをテレビでよく見かけるようになりました。

ACジャパンとは、広告を社会と公共の福祉に貢献することを目的に作られた団体のことで、2009年7月に「公共広告機構」から「社団法人ACジャパン」に社名変更されました。公的資金をいっさい受けず、企業・団体の会費で運営されています。

今回疑問が多かったのは、このACジャパンのCMが頻繁に放送されている点です。
ACジャパンでは『「東北地方太平洋沖地震」にあたってACジャパンCM放送についてのお詫びとご報告』を掲載する自体となり、民間CMが自粛されたために波紋が広がっています。

本日はそんな疑問を分りやすく解決した『ACジャパン』についての質問をご紹介します。

質問
なぜ ACのテレビCMが急増 ?

3/14からACのテレビCMが急増しています。
1日24時間 全民放で100回以上やっているので見ているほうも、胸糞が悪くなってきます。
AC(公共広告機構?)はそもそも CMの自主規制機関であってCMを自ら 流す機関ではないと思いますけど。
なにを勘違いしてるんでしょうかね。
内容も 説教臭いし テレビで24時間中、道徳教育されては たまらないです。

なぜ こんな状況になっているのでしょうか ?
理由、背景 ・・・宜しくお願い致します

回答
>AC(公共広告機構?)はそもそもCMの自主規制機関

これは違います。
ACは公共広告を通じで社会に啓発活動を行っている団体です。
今回の場合、放送局は震災特別編成を行っているので通常のCMを流すことが出来ませんでした。
また通常の番組に流す場合でも、商品によっては「ご時世」に相応しくないモノもあります。
…[全文を読む]

「なぜ ACのテレビCMが急増 ?」全文を読む

関連Q&A

関連するブログ記事: