元キャンディーズの田中好子さん死去

3人組みの人気アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで、女優として活躍されていた田中好子さんが乳がんのため、4月21日午後、東京都内の病院で亡くなりました。

「キャンディーズ」で73年に歌手デビューしてからは「スーちゃん」の愛称で親しまれていた田中好子さん。人気絶頂期に「普通の女の子に戻りたい」という名言を残し5年後に解散。その後は映画「黒い雨」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞したりと女優として活躍の場を広げていました。

乳がんの治療を続けながらの芸能活動、また55歳という若さで亡くなった、田中好子さんの死を悲しむ声が多く寄せられていました。

質問
キャンディーズの田中好子さん死去…

元キャンディーズの田中好子さんが乳ガンでお亡くなりになりました…どう思いますか?

回答4
残念としか言い様がないです。
個人的にはキャンディーズ世代ですがファンではありません。
でも、同世代の人でファンではない人でも、嫌いじゃないという人がほとんどだと思います。
本当に愛されていたアイドルだと思います。
田中さんのニュースを聞いて、あんなに長い間闘病されていたなんて微塵も見せずに笑顔を絶やさず、女優として泣き言を言わず頑張ってこられた事が立派だし、哀しく思えます。
ご冥福をお祈りします。

回答3
全くの同世代で本当にお悔やみ申し上げます。
自分の青春真っ盛りの大学の4年間がキャンディーズの活動期で、私の中では
過去には無かった欽どこでコントをやった最初のアイドルでした。
普通女の子に戻りたいと突然の引退、そしてその後の女優活動と
1つ年下だけに早すぎる死は残念でなりません。

回答2
私はバリバリのキャンディーズ世代です。全盛期の頃は確か小学生で、歌も全部知っています。ランちゃんが真ん中というイメージが皆さんお強いかと思いますが、実はデビュー当初はスーちゃんが真ん中だったんです。あの可愛らしい笑顔。小学生の私にとっては「太田裕美」さんか「スーちゃん」でした。もうただただ悲しいの一言です。学校のクラスでも「ランちゃん派」「スーちゃん派」「ミキちゃん派」がいて、「ランちゃん派」が圧倒的に多かった中で、私ともう一人だけだったかな?「スーちゃん」派でしたっけ。私は朝起きると、すぐパソコンの電源を入れる習慣があります。YAHOOトップページを見て、ただただ驚きの一言です。「田中好子さん死去」。え?と思いました。私は同姓同名のタレントさんがいて、全くスーちゃんである事なぞ考えてませんでしたが、記事を開いてみたら、元キャンディーズのスーちゃんである事を知り、絶句です。まだ55歳。若いですよ。可哀相です。あの「愛くるしい」笑顔が見られないなんて・・・・。私の中の昭和がまた一つ消えました。そんな思いです。悲しみだけです。

「キャンディーズの田中好子さん死去…」全文を読む

関連Q&A