『マイ・バック・ページ』…ツイートして「東都新聞社」謹製ボールペンを10名様に!

妻夫木聡・松山ケンイチ出演、山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』が新宿ピカデリー、丸の内TOEI他、全国公開中です。

『マイ・バック・ページ』に登場する「週刊東都」表紙

『マイ・バック・ページ』の舞台は1969~72年。忽那汐里演じる倉田眞子は、妻夫木聡演じる若き記者・沢田雅巳が勤める東都新聞社の週刊誌「週刊東都」のカバーガール。無邪気な笑顔の奥に、大人びた感性を秘める高校生の眞子に、沢田は興味を覚えます。この2人のやり取りも見どころのひとつです。
彼女が表紙を飾る「週刊東都」は、原作者の川本三郎氏が所属していた、1922年創刊、現在まで約90年の伝統を持つ朝日新聞社の週刊誌「週刊朝日」がモデルになっています。

ということで、OKWaveスタッフブログ読者の皆様へのプレゼント企画!
『マイ・バック・ページ』の「東都新聞社」謹製ボールペンを10名様に進呈いたします。
方法はツイッターを使うカンタンなもの!
皆さまのご応募お待ちしております。

■応募方法: 期間中にOKWaveのツイッターアカウントの @OKWaveOKStars をフォローいただき、この記事のタイトルの下にある「ツイートする」ボタンからツイートしていただくと応募できます。
その際に、ツイート本文のどの位置でもよいので下記ハッシュタグを記載してください。
#mbp_p #okwave

■応募受付期間: 2011年6月12日(日)ツイート分まで有効

■当選発表: @OKWaveOKStars より、個別にDMを送らせていただきます。

『マイ・バック・ページ』
新宿ピカデリー、丸の内TOEI他、全国公開中!

1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田(妻夫木聡)。彼は激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男からの接触を受ける。「銃を奪取し武器を揃えて、われわれは4月に行動を起こす」沢田は、その男に疑念を抱きながらも、不思議な親近感を覚え、魅かれていく。そして、事件は起きた。「駐屯地で自衛官殺害」のニュースが沢田のもとに届くのだった。



出演:妻夫木 聡 松山ケンイチ
監督:山下敦弘/脚本:向井康介/原作:川本三郎「マイ・バック・ページ」(平凡社刊)
配給:アスミック・エース
公式サイト:http://mbp-movie.com/
Twitter:http://twitter.com/MyBackPage_528

(C) 2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会

★OKWaveがおおくりするインタビュー+Q&A『OKStars』にて、『マイ・バック・ページ』山下敦弘監督のインタビュー公開!山下監督からの“質問”もありますよ!

関連するブログ記事: