ハトにも人格ってあるんですか?

平和の象徴とされている「ハト」。

本日は、身近な鳥としても馴染みのあるハトについての疑問をご紹介します。

「心理学」カテゴリに投稿されていた「ハトにも人格ってあるんですか?」という質問に勉強になる回答がついていました。

人間に「人格」があるようにハトにもそれぞれ個性があるようですね!

質問
ハトにも人格ってあるんですか?

僕は今心理学について勉強しています。
ハトにも人格ってあるんでしょうか?
そもそも人格って何ですか?
今課題でハトの人格について文章を書かなければなりません。
でも、よく分からないので、教えてください。
回答よろしくお願いします。

回答

こんにちは。
「人格」とは、「生後環境によって生み出される個人差」と定義されます。人間はそれぞれ、考え方や性格が違います。これは、生後体験の違いによって生み出されるものです。
「気質:体質的な個人差」
「性格:最後環境の個人差」
そして、ここに体験や知識による考え方や行動を加えたものを、そのひとの「人格」と言います。
それ以外の部分は生まれたときから死ぬまで全人類に共通であり、これを「本能行動」といいます。従いまして、人格とは即ちそれぞれの学習行動に現れる人間の「個人差」ということになります。ですから、神経系に学習機能を有する動物でしたらみな必ずや人格と同様の個体差が作られます。そして現在では、魚類、昆虫類に至るまでが何らかの学習能力を持つと考えられています。鳥類であるハトは我々人間にかなり近い高等動物であります。当然、それぞれのハトの品格というものを持ち合わせています。

「ハトにも人格ってあるんですか?」について全文を読む

関連Q&A

関連するブログ記事: