世界遺産になると被害が多い?

小笠原諸島と平泉のユネスコ世界遺産登録が決定しました。
これまでの努力や価値が認められてのことですが、とくに自然遺産については世界遺産に登録されて世界的に有名になることの弊害もあるようです。
そんなQ&Aをご紹介します。

質問

世界遺産になると被害が多い?
知床も屋久島も白神山地もユネスコ世界遺産に登録されたお陰で心無い観光客が増え自然が荒らされる一方です。地元では現状維持が精一杯で自然保護には遠いものがあります。世界遺産指定はそこを観光資源にすることが目的ではないと思います。地元も観光で生きようとするなら、ホテルや遊興施設が自由につくれない世界遺産にならない方が良いと思います。ユネスコは世界遺産になることで自然破壊が進んでも良いと思っているのでしょうか。ユネスコ世界遺産登録がその国の文化レベルの証だとすると、白神山地や知床、屋久島の惨状を見ると、日本人は自然保護には程遠いレベルにあるのではないでしょうか。小笠原の世界遺産登録で観光客は倍増すると地元は喜んでいるようです。世界遺産に登録されることにより返って自然保護にならないという疑問を私は感じましたが、皆様はどうお思いでしょうか。

様々なものの見方がありますよね。
質問者さんが選んだベストアンサーはこちら。

ベストアンサー
全く同感です。
世界遺産は保護より観光資源、五輪・サッカーの誘致は経済波及効果。ここでも建前と本音が遊離して本抹転倒。…

一方で異なった考えの回答もありました。

回答No.2
小笠原諸島は世界自然遺産に登録される以前から、自然保護を目的として観光客に様々な制約を設けています。今回、審査に合格できたのは、東京都のそうした努力が認められたからでもあるのです。…

どちらの立場でも、育んできた自然や文化を大切に思う気持ちが大事なようですね。

世界遺産になると被害が多い?……Q&A全文はこちらから!


★世界遺産に関するOKWaveのQ&A一覧

■関連カテゴリ:ニュース・時事問題自然環境問題[地域情報]旅行・レジャー


関連するブログ記事: