新婚さんにオススメ!生活費、結婚費用ってどれくらい?

こんにちは、OKWaveスタッフです。

女優の黒木メイサさんと元KAT-TUNの赤西仁さんが、
突然の「妊娠・結婚」という報道で沸いた本日。

OKWaveをご覧の皆さんの中にも、お二人と同じように結婚に向けて
準備されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、新婚生活に役立つQ&Aをご紹介。
生活費や結婚費用などの実体験から、楽しく過ごすためのアドバイスまで、
結婚生活の先輩達が詳しく答えてくださっています。
ぜひご参考にしてくださいね。

▼質問:新婚生活を始める予定です。生活費、結婚費用のアドバイスを。

来月より、結婚式は、少し先ですが、新婚生活を始める予定です。
もうそろそろ、旦那さんと生活費、結婚費用について話し合いたいと思っています。
下記の質問のアドバイスをよろしくお願いします。

①1ヶ月の生活費
 家賃、食費、水道、ガス代、自由になるお金はいくらくらいか?
②結婚費用はいくらずつ出し合ったか?
③楽しく生活するためにこころがけていること。
④オススメ節約方法、本があれば教えてほしいです。

長い質問ですが、答えられる範囲でいいのでよろしくお願いします。

①1ヶ月の生活費
家賃、食費、水道、ガス代、自由になるお金はいくらくらいか?

共働きでですが私の収入は全て貯蓄に回しています。
旦那の収入22万を生活費として考えています。
概要は↓
 住居…50000円
 食費…27000円
 水道光熱費…17000円位
 旦那小遣い…40000円(昼食代(\8000/月)込み。時々手作り弁当)
 私小遣い…20000円(習い事。美容費込み)
 貯蓄…20000円(収入の10%はするべき)
その他保険等もろもろで22万ですね。夕食はほぼ毎日作っています。
旦那と時々飲みに行ったり、それぞれ月1回は飲み会だったりしますが、旦那収入内でまかなえてます。

うちは毎月25万で生活しています。
ここから住民税を支払っていて、持ち家・車所有・夫婦で保険にもがっちり加入しています。
家賃はナシで駐車場代と管理費ですが、通勤のガソリン代が月2万以上かかるので5万くらいの家賃と同じくらいですかね。
食費は月で3万1千円。外食費込みでお弁当もちです。
普通の家より旦那が自宅での夕食は少ないですが、食材にこだわる部分が少しあるのでけっこうかかります。
水道・ガスのほか電気など光熱費は1万円前後。これは年間の平均値です。
冬になるとガス台がかかりますし、夏場は電気代がかかりますので、平均予算ではガスが3500円電気が4500円で水道が1500円で計上しています。
小遣いは夫が1万円。妻が4千円(妻がパート時はパート代から6千円プラス)。
夕食やタバコは経費として別に渡しているので、だんなには月3万1千円渡しています。
旅行代などは少しですが積み立てています。

②結婚費用は、いくらずつ出し合ったか?
結婚費用…500万
 L完全に人数で割りました。衣装代等はそれぞれの分を支払いました。
  ご祝儀が470万ぐらいかな。。。赤字分はそれぞれが支払いました。
結婚指輪…21万
 Lこれもそれぞれの分を支払いました。
新婚旅行…完全に割り勘。

結婚費用は100万ずつだしました。
結婚式+結婚指輪で総額200万(40人。都内でそこそこ豪華な披露宴)。
別に旦那は婚約指輪の30万をだしてくれています。
ご祝儀で140万ほど戻ったので、実際は50万ずつですかね。
いまはすべての財産を一括してあるので、どっちがだしたという感じではありませんけどね。
あとのものはすべてご祝儀でまかないました(結婚式以外でもらったもの)。
ちなみに旦那が1人暮らししていたので買った家電は冷蔵庫のみ。
ベットすらそれぞれ使っていたものをそのまま使っています。

③楽しく生活するためにこころがけていること。
こころがけている事は、『旦那に常に感謝すること』でしょうか。
お小遣い渡す時も「今月もよろしくお願いします!」と言いますし(当たり前ですが)、黒字が出たら「協力のお陰で黒字でした!よかったらどうぞ…」と旦那に還元しています。(貯金もちゃんとした上での黒字の場合です)
結婚当初は私も余裕が無くて「私も働いてるんだから(-_-#)」オーラむんむん出してた私ですが、やっぱり旦那が心身共に健康でいるのが一番だと思えて考えを改めました。

心がけていることは、「ありがとう」「ごめんなさい」はちゃんと言葉にすること。
週に何回かでもちゃんと向き合って話をできる時間を持つこと。
↑くっだらない今日あったことの報告でも
相手を信頼して無駄な束縛や詮索はしないこと。
お金に関することはきちんと明確にすること。
こんな感じですかね

④オススメ節約方法、本があれば教えてほしいです。
お勧めな本は食品保存の本です。
冷凍して保存する方法や野菜の持ちをよくする方法など・・・。
2人ですと食材をうまく使えるかが節約に繋がります。
あとは主婦向け雑誌を1冊買ってみるといろいろ書いてあって面白いです。
内容は大きく変化しないので、半年に1冊。毎回違う雑誌を買ったりしています。
定期購読や毎月なにか買わなくても・・・。
図書館にもあるので、ほとんどはそちらで気になる記事だけ読んでます

おすすめの本は家計簿に関する本です。カッコつけて言えばキャッシュフロー表に関する本です。
収入が生活を通してどんなことに消えているのかを把握することは必須事項です。
そして年度末に家計決算書を自分で作れば、自分たちの生活に無駄遣いがないかどうかも分かります。そして何年も作り続ければ自分たちの生活が向上しているのか、生活水準は上がっているのかなども分かります。

難しそうに聞こえますが、そんなことはありません。
もしかしてもう既に実践していますか?もしまだでしたらどうぞお試しください。

質問を全文読む→

いかがでしたでしょうか?
具体的で参考になる回答ばかりですよね。

感謝の気持ちや「ありがとう」を伝えるよう心がけている、というご回答を2名の方がされていますが、こういった心がけ一つで円滑な夫婦生活の維持に繋がるのであれば、どんどん実践したいですね。

今後ともOKWaveをよろしくお願いいたします。

関連するブログ記事: