タイプではない男性に好意をもたれているが…

みなさんは、人から好意を持たれると嬉しいですか?
タイプな人からの場合はもちろん嬉しいと思いますが、時にはタイプじゃない人から好かれてしまう場合もあります。
本日は、タイプじゃない、むしろ生理的に苦手な部類の男性から、好意をもたれてしまった女性のお悩みを紹介します。

同じサークルで活動している男性から好意をもたれている質問者さん。直接告白されたわけではないけれど、サークル内でことあるごとに冷やかされているとのこと。タイプではないし、冷やかされるにつれ段々とその男性のことも苦手になっていってしまったようで…。相手を傷つけずに、“好きではない”ことを伝えるにはどうすればよいのでしょうか?


▼質問:これって勘違いされる行動ですか?

私はサークルの中ではいじられキャラでかわいがってもらっています。

バレンタインの日にサークル活動があり、その日参加する女性が私一人だったので、普段かわいがってもらっているお礼もこめて男性陣にお菓子を用意していきました。(一部手作り)
受取った男性陣は思ってもいないくらいに喜んでくれました。

その中に私”に”(私がじゃないです)好意を持っているっぽい人(A)がいるのですが、その人がチョコレートが苦手だと聞いていたので、お菓子はチョコ以外もつめておきました。手作りのものはチョコ使っていません。

話の流れで「Aがチョコ苦手と言っていたからほかのもつめた。皆がもらっているのに自分だけ食べれないものとかかわいそうだから」といった話をしたらえらく喜んでいたのですが、これってAは私が好意を持っていると勘違いするんでしょうか?
私としては言葉通りです。たとえそればAでなくても、一人だけ輪に入れないとかはかわいそうなので、今回の行動は当たり前のことと思っています。逆に、知っていて無視するのは性格悪いと感じます。

私はAには全く好意ないです。友達です。
というか、こっちにその気はないのに、周りから冷やかされるので若干迷惑しています。
Aはそのことでいじられてもだんまりになってしまうし。。
最近ちょっと生理的に受け付けなくなりかけています。。。

こういった場合、どうしたらいいでしょうか?
なるべくその気がないことが伝わるように接しているつもりではいますが、伝わっていないみたいで。。
Aには伝わっていなくても、周りには伝わっていると思います。苦笑 その上での冷やかしで、私でなくAがターゲットなのは分かるのですが、困ってしまいます。

が、わがままですが、なるべくAを傷つけないようにはしたいです。きれいごとですかね。。。


ベストアンサー
向こうにはっきり好きだと言われてもいないのに釘を刺すのって難しいですよね。
私も同じような経験があります。その人のことは普通に友達だったのに、からかわれすぎてうんざりして見るのも嫌になってしまいました。若い頃はそんなもんだと思います。

もしさしつかえないなら他に好きな人がいるふりをするのはどうでしょうか。

サークルのメンバーとは全く関係のない、誰って聞かれてもみんなも知らないような相手をつくって(たとえば昔の同級生に紹介してもらった友達とか)「すごくタイプなんだ~。まだつきあってないし、告白するかわかんないけど」みたいなことをアピールしておくと必然的にAさんのことを特別には思っていないことになるかと。

極端な話、芸能人とかでもいいから「彼が好き~。だから他の人には目が行かない」みたいなことを表明しておけばいいのです。

もしあなたに本当に他に好きな相手がいて、みんなには知られたくないのでしたら、「好きな人がいるんだ~」ということを周りにアピールして、聞かれたらAさんとは全然違う部分を言うというのはどうでしょうか。Aさんがおとなしい人なら「明るいところ」とか、「眼鏡が似合う」とか「足が速い」とか「Aさんじゃないな」と思われるようなことを。

あとは……みんなが冷やかしてきたときに「そろそろそのネタも飽きてきました」とか、女の先輩や友人をだしに「私こっち系なんです」と冗談をかまして新しいネタを提供するとか。いっそ冷やかす側の中心になってる男性に「えー私○○さんが好きなのに!ひどい!」とあからさまに演技っぽく言ってみんなのAさんへの目をそらすとか。

Aさんを傷つけたくないと思うのは自然な感情です。きれい事とは思いません。

(回答8 より)

お礼
ありがとうございます。

そのネタ飽きたは使えるかも!
誰も傷つかないし、むしろ笑って終われるし、、頂きます!

どうもありがとうございました^^

質問文を全部読む →


周りの雰囲気を崩さずにさり気なく自分の気持ちを伝えるのって難しいですよね。
回答者さんからのアドバイスのように、「そろそろ、そのネタも飽きてきました」「私は○○さんの方が好きですよ」など、機転をきかせた返しができるとよいですね!