ペンギンは空を飛びますか?

昨日、葛西臨海水族園からフンボルトペンギンの幼鳥1羽が脱走
という報道がありました!
まだ保護されていないそうで、心配ですね…。

そこで本日は、ペンギンに関するQ&Aをいくつかご紹介します。

▼質問:ペンギンは空を飛びますか?

以前テレビで、ペンギンが襲われたり、必要に迫られると空を飛ぶというのを見たのですが、周りの人にペンギンが空を飛ぶわけがないと言われました。
私の記憶ちがいなのでしょうか…?

ペンギンが「飛ぶ」と言うのはトビウオと同じように水中から勢いよく飛び出し、その勢いで空中を滑空する事を言っているのではないでしょうか?
ペンギンは水中で襲われそうになった時は、よくこの方法で逃げるそうです。
ただし、滑空と言ってもほんの僅かで、距離も大したことありません。
それと氷河に上陸する際も、なだらかな場所を探して上陸する方法だけではなく、
少し切り立った場所でも水中で勢いを付けてそのまま飛び出す形で上陸することもあります。

質問を全文読む→

▼質問:ペンギンはなぜ立って歩く?
皇帝ペンギンは寝そべって進むほうが明らかに速いのに、なぜか立ってよちよち歩きます。
しかも場合によって100キロも。なぜ不自由なのに立って歩くのが不思議でたまりません。
どなたか、ぜひ教えてください。

熱交換の問題でしょう。
突出した体の部位は周囲の温度変化の影響を受けやすいのですが、ペンギンの足はうまく熱交換を行って体温を下げない仕組みを持っています。
足で温度の下がった血液が直接体に流れない仕組みがあるのです。
足以外の部分は羽毛をまとい、空気の層を着込むことにより断熱しています。
おなかで滑るとスピードは出るでしょうが、体温の低下が著しい。
これをあげるために必要とするエネルギーと、足で歩いて消費するエネルギーを比較すると歩く方が理にかなっているのでしょう。

質問を全文読む→

▼質問:ペンギンの力はどのくらい?
仲間内で「ペンギンが本気で攻撃すると、羽で叩かれただけで人間が骨折するくらい強い」という奴がいました。
みんな、うそ臭いという雰囲気で聞いていました。
実際のところ、ペンギンの力ってどれくらいあるのでしょうか?

骨折はしないかもしれませんが、アザはできると旭山動物園の飼育係の方が言ってました。
皇帝ペンギンなど大型のペンギンが、鎖骨など折れやすいところにチョップを食らわせれば、折れることもあるかもしれませんね。

質問を全文読む→

番外編!
▼質問:急性ペンギン中毒患者
知っている方がいれば、以下の質問にお答えしていただけないでしょうか。

まずは、発端から
Linuxのロゴは、ペンギンというのは有名かと思います。
また、Linus(Linuxカーネルの著作権を持っている人)さんがペンギンが好きであったためロゴがペンギンになったと言うことも業界では有名です。

そこでなんですが、なぜにペンギン好きだと言うとオーストラリアの動物園で
小さなペンギンにかまれ“ペンギン中毒”に感染してしまった
とのことでした。

ここから質問です。
1.ペンギン中毒患者、急性ペンギン中毒患者というのは医学から見て存在するものでしょうか?
2.他にも動物や植物とかでも中毒者なるものはあるのでしょうか?

私も軽度のペンギン中毒です。ピングー菌に侵されています。
私の場合、思えばゲームセンターでペンゴというペンギンのゲームにハマったのが感染原因かな。

1.まじめに医学的見地から見ると
一種の嗜癖というものだと思われます。精神的に中毒ということでしょう。噛まれて感染する物ではありません。
2.他には、アザラシ中毒 中分類として、アゴヒゲ系とゴマフ系、めずらしいのにワモン系なんていうアザラシ中毒やイルカ中毒、猫中毒、犬中毒などたくさんの中毒者がいると思われます。

お礼
そうだったのですね。
色々調べてはいたのですが、軽度、重度、末期とかあるだけで、まさか 本当にそういう菌があるのかなと思い 投稿したまでです。

ありがとうございました。
ちなみに 私は、なに中毒もありませんのでよかったです。
あるとすれば・・・仕事かな・・・

質問を全文読む→

ペンギン中毒、怖いですね(笑)
患者さん、結構多いのではないでしょうか?

話は戻りますが、脱走したフンボルトペンギンちゃん、無事に戻ることをお祈りしております。
見かけられた方は、ぜひ葛西臨海水族園までご一報を!

関連するブログ記事: